塩辛の種類たくさん

今ではいろんなものの塩辛が存在しています。

・イカの塩辛 – イカの身の細切りに、内臓、塩を和えて造る。詳細は後述。

・タコの塩辛 – イカの塩辛と同様に作られる。ワサビと共に漬けたものはたこわさびと言う。ミズダコやヤナギダコの卵の塩辛など、各種が存在する。

・エビの塩辛 – ホッコクアカエビ・甘エビなどのエビを漬けたもの。

・アミの塩辛 – アキアミ、イサザアミ、ツノナシオキアミなどを丸ごと塩蔵したもの。詳細は後述。

・がん漬 – シオマネキ、ヤマトオサガニ、アリアケガニなど、干潟に産する小型のカニを潰し塩辛にする。

・カツオの塩辛 – 高知県の酒盗(しゅとう)、沖縄県のワタガラスなど。

・ひしこ(鯤) – イワシ

・スクガラス – アイゴの稚魚を塩蔵したもの。

・うるか(鮎うるか) – 鮎の内臓や身

・鯛の塩辛 – タイの腸、卵、白子

・めふん – 鮭の腎臓

・たらこの塩辛 – タラの魚卵を発酵するまで塩蔵したもの。

・このわた – ナマコの内臓。

・ホヤの塩辛 – ホヤの全体を漬けた物。

・莫久来(ばくらい) – 海鼠腸(このわた)とホヤの塩辛を混ぜたもの。

・その他 – マグロ、サバ、シラウオ、カキ、サザエ、シャコガイ、トコブシ、ホタテのヒモなど、多種ある。

抜粋:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A1%A9%E8%BE%9B

arrow

商品の購入はこちら

▲このページの上部へ